アイ・ツー・アシストのロゴ::::::::::::::: あなたのITライフをやさしくアシストする ::::::::::::

アイ・ツー・アシスト(study 1)

国立国語研究所外来語委員会で発表されたもの(公開開始日: 2004-10-08)を引用

外来語言い換え例

アカウンタビリティー
説明責任
【用例】法外な役員報酬や(アカウンタビリティー)説明責任の欠如に対する批判が高まっていた
イニシアチブ
1.主導、2.発議(率先、行動計画)
【用例】1.市町村の(イニシアチブ)主導のもと,地域住民の参画を得て作成した地域全体の振興計画
【用例】2.来年,日欧双方においてこのテーマに関するシンポジウムを開催するという日本の(イニシアチブ)発議
カウンターパート
対応相手(同格者、相手方)
【用例】国務副長官は外相の(カウンターパート)対応相手ではないとの論理があるのかもしれない
ガバナンス
統治(企業統治、統治能力)
【用例】もちろんG8にとって一番重要なことは「援助」ではなくアフリカの良き(ガバナンス)統治を前提とした「自立と自発的向上力」であることには間違いがない。
【用例】コーポレートガバナンス(企業統治)の再構築は,わが国の現状において,実際的にもますます重要な課題となっている。
コンファレンス
会議(検討会議、研究会議、症例検討会)
【用例】二十一世紀の金融ビジネスの戦略について議論する会議を開催します。
# 「カンファレンス」という語形で用いられることもあるが,この語形は,アメリカのバスケットボール・フットボール・野球などに関する,競技会や組織・制度の名称に用いられる場合が多い。そうしたスポーツになじみのない人が相手に想定される場合には,「競技会」などの語で説明を付与するのが望ましい。
# 「カンファランス」という語形で用いられることもあるが,この語形は,医療に関する症例検討会を指す場合によく用いられる。その場合は「症例検討会」と,言い換えたり説明を付けたりすることができる。
コンプライアンス
法令遵守
【用例】企業のコンプライアンス法令遵守にかかる取組みを補完する意味からも
* 1990年代後半から一般化が始まった語で,社会に混乱を与えないようにする企業倫理,社会からの信頼を高めるための企業戦略などとの関わりで話題になることが多い。
* 企業内の部署や役職の名称に用いられることも多いが,一般に対しては,言い換え語を用いて説明を付与することが必要な場合も多い。
* 医師による服薬指示に関して,それをよく守ることを指して言われる場合があるが,その場合は「服薬遵守」と言い換えることができる。
* 「法のコンプライアンス」など,文脈から何を遵守するのかが明らかな場合は,単に「遵守」と言い換えることができる。
* 新聞などでは「遵守」の語は「順守」と書かれることもあるが,意味は同じである。
サプライサイド
供給側(供給重視)
【用例】新規産業創出,既存産業の競争促進や不振企業の経営再建等(サプライサイド)供給側からの改革をさらに推進していくことが求められている。
* 「サプライサイドの経済学」「サプライサイドの政策」などと言われる場合は,経済を活性化させる役割を供給側に見るもので,「供給重視」と言い換えると分かりやすい。
* 文脈によっては,「業界」と言い換えるのが分かりやすい場合もある。
* 反意語「デマンドサイド」は,「需要側」「消費者」などと言い換えられる。
スキル
技能(技術、能力)
【用例】職業に関する実践的な(スキル)技能や職業適性などの情報への要望が強い
# 文脈によっては,「技術」「能力」などの言い換え語が適切になる場合もある。
# 訓練によって身につける技能であることを強調したい場合は,「習得技能」と言い換えることもできる
スタンス
立場(姿勢)
【用例】各党には,大別して論憲,護憲,改憲の三つの(スタンス)立場がある
* 物事に対する考え方を指す場合は「立場」,物事に取り組む態度を表す場合は「姿勢」と,言い換え語を使い分けることも効果的である。
* スポーツで,競技者の立つ位置や立ち方を指す言い方がある。言い換えの必要はないが,スポーツに縁の遠い人が相手に含まれる場合など,意味を伝えたい場合は,「立ち位置」「立ち方」などと説明を付与するとよい。
ステレオタイプ
紋切り型(類型、固定観念、画一的、型どおり)
【用例】(ステレオタイプ)紋切り型の日本紹介や批判ではなく,等身大で日本を理解しようという努力だ。
セーフガード
緊急輸入制限(緊急輸入制限措置)
【用例】
セットバック
壁面後退(敷地後退、後退建築)
【用例】
ソリューション
問題解決(解決策)
【用例】
ツール
道具(手段)
【用例】
デジタルディバイド
情報格差
【用例】
デフォルト
1.債務不履行、2.初期設定(不履行)
英語のdefaultには,しなければならないことをしないという意味があり,まず1の経済用語として,日本語に取り入れられた。その後,2のコンピューター用語として,日本語に取り入れられた。
【用例】経済危機で国債は実質的に(デフォルト)債務不履行に陥り債券相場は暴落した。
ドクトリン
原則(基本原則、政策原則)
【用例】
ハザードマップ
災害予測地図、防災地図
【用例】
パブリックインボルブメント
住民参画(市民参画)
【用例】
パブリックコメント
意見公募(公募意見、市民の意見)
【用例】
フロンティア
新分野(最前線、最先端)
【用例】
ブレークスルー
突破(突破口、難関突破、打開)
【用例】
プライオリティー
優先順位(優先権、真っ先にすべきこと)
【用例】
プレゼンス
存在感(存在、展開、軍事展開)
【用例】
ボトルネック
支障(妨げ、障害)
【用例】
ポートフォリオ
資産構成、作品集(投資配分)
【用例】
マンパワー
人的資源(労働力、人材)
【用例】
ミッション
使節団、使命(使節、派遣団、任務)
【用例】
モビリティー
移動性(移動しやすさ、流動性)
【用例】
ユニバーサルデザイン
万人向け設計(誰にでも使いやすい設計)
【用例】
リテラシー
読み書き能力、活用能力(情報活用能力)
【用例】
ロードプライシング
道路課金(道路課金制度)
【用例】

外来語の原表記

外来語原表記 外来語原表記
アカウンタビリティーaccountability ドクトリンdoctrine
イニシアチブinitiative ハザードマップhazard map
カウンターパートcounter part パブリックインボルブメントpublic involvement
ガバナンスgovernance パブリックコメントpublic comment
コンファレンスconference フロンティアfrontier
コンプライアンスcompliance ブレークスルーbreakthrough
サプライサイドsupply-side プライオリティーpriority
スキルskill プレゼンスpresence
スタンスstance ボトルネックbottleneck
ステレオタイプstereotype ポートフォリオportfolio
セーフガードsafeguard マンパワーmanpower
セットバックsetback ミッションmission
ソリューションsolution モビリティーmobility
ツールtool ユニバーサルデザインuniversal design
デジタルデバイドdigital divide リテラシーliteracy
デフォルトdefault ロードプライシングroad pricing

注:

© 国立国語研究所 / リンクと複製について
©2004 ai2 assist All Rights Reserved.